地域の絆とシンプルな暮らしをつくる ホームページについて
HOT情報
「まちむら」143号
「あしたのまち・くらしづくり2016年度版」
「仮設住宅の子ども支援活動事業報告書」2012年3月発行
賛助会員を募集しています!

くらしづくりや地域づくりに取り組む人たちを応援します
ひとりひとりの「思い」をつなぎ みんなでつくろう 住みよい地域社会
「地域を良くしていこう!」だけど一人の力には限界がある。だからこそ、グループをつくり、知恵を出し合い、助け合い、力を合わせて活動をすれば、大きな力になります。
あなたのまちのそんなグループを探してみませんか? なければ、つくっちゃいましょう!
そんなみなさんのお手伝いをするのが、公益財団法人あしたの日本を創る協会です。
--Contents--
2019年度あしたのまち・くらしづくり活動賞 レポート募集
締切:2019年7月3日(水)
2019年度生活学校・生活会議運動全国大会 参加者募集
締切:2019年5月17日(金)
平成29年度「食品ロス削減全国運動」の結果報告について
まとめ1(PDF形式)  まとめ2(PDF形式)
平成29年度の食品ロス削減全国運動のまとめです
地域活動情報 全国からの“元気”を発信  データベース 地域活動の各種データベース
生活学校・生活会議
生活学校へのお誘い】【生活会議に参加しませんか!
雑誌・情報誌 あしたのまち・くらしづくり活動賞
全国大会 市民憲章
世代間シンポジウム
公益財団法人あしたの日本を創る協会   全国生活学校連絡協議会
賛助会員を募集しています!
リンク
震災復興支援活動ブログ  震災復興支援活動結果報告
--地域活動トピックス--
掲載日:2018年10月5日
平成30年度あしたのまち・くらしづくり活動賞発表
受賞団体の活動概要
掲載日:2018年7月3日
新しいライフスタイルを大三島から考える
愛媛県今治市 伊東建築塾/大三島ライフスタイル研究所


 建築家・伊東豊雄さんが主宰する伊東建築塾が中心となり、愛媛県今治市大三島で取り組む島づくりのプロジェクトがある。大三島は、現在約6000人が暮らす愛媛県最北端の島で、住民は島に点在する13の集落に住んでいる。
 島の中心部には日本総鎮守と呼ばれる大山祇(おおやまづみ)神社が鎮座し、大三島は「神の島」として知られ、境内には樹齢2600年といわれる楠が祀られる。かつて大山祇神社への参拝は、宮浦港から参道を通って行われていたが、2006年、尾道と今治を結ぶしまなみ海道が開通し、宮浦港に発着するフェリーが廃止されて以降、参道の人通りが減り、旅館や商店は徐々に衰退していった。

「まち むら」143号掲載
掲載日:2018年7月3日
自然、里山、住民が主役の花の風まつり
栃木県那珂川町 花の風まつり


 栃木県那須郡那珂川町は、栃木県の東北に位置し、馬頭町と小川町が合併して誕生した。宇都宮から車で60分位のところにあり、花の風まつりが開催される会場は那珂川町内全域に広がっている。
 最初に乾徳寺に向かう。新緑の境内を歩くと空気が澄みわたり、白藤(のぼり藤)の見頃の時期と重なり、花の風のネーミングも好ましい。お寺の境内では「禅の風コンサート」がはじまっている。お寺の本堂には岡倉石朋さんの「ほほえみの仏展」やオーダーメイド刺繍「ししゅうKabu」のコーナーがあり、客間では仏様の写真や陶器やガラス、木っ端絵や絵手紙が展示され、作者の方と話をすることができる。衣料品や花の風まつりのロゴの入った色とりどりのTシャツが並び、乾徳寺を一周しただけでも、花の風まつりを支える人たちのあたたかな気持ちが押し寄せるように感じられた。

「まち むら」142号掲載
掲載日:2018年3月20日
会津最大の初市「十日市」と伝統産業を訪ねて
福島県会津若松市 十日市実行委員会


 会津地域最大の初市「十日市」は毎年1月10日、会津若松市中心市街地(大町通り、神明通り、市役所通り、中央通り周辺)で開かれる。400年以上も続く、伝統的な行事で、約400店舗もの出店があり、店頭には起き上がり小法師、風車、市飴などの縁起物や日用雑貨、漆器、飲食物といったさまざまな商品がならび、毎年15万人以上が訪れる新年の風物詩となっている。十日市実行委員会(委員長・羽金與八さん)の開催だが会津若松市商店街連合会が実行し、連合会会長の羽金さんたちは準備から交通関係、連絡等を取りまとめ、全市で動く大規模なものだ。
「まち むら」141号掲載
掲載日:2017年12月25日
村上の歴史と文化と技を味わう
新潟県村上市 町屋の屏風まつり―村上町屋商人会


 新潟県村上市を流れる三面川では、毎年秋になると鮭が遡上し、鮭漁が盛んに行われる。村上の方言で、鮭はイヨボヤと呼ばれ、イヨ=魚、ボヤ=魚で「魚の中の魚」の意。「千年鮭きっかわ」(代表取締役社長・吉川真嗣さん)は、明治時代に建てられた町屋づくりの建物で、お店の中を一歩奥に入ると千本以上もの鮭が吹き抜けの天井から吊り下げられていてその光景に圧倒される。塩引き鮭を1年間の時間をかけ発酵熟成させて作り上げる「鮭の酒びたし」という珍味で、百種類もの鮭料理がある村上で、村上大祭に作る祭礼料理として昔から食されてきた。
「まち むら」140号掲載
掲載日:2017年10月6日
平成29年度あしたのまち・くらしづくり活動賞発表
受賞団体の活動概要
■ 広 告 ■
浮気調査の流れ AGS 確かな証拠を掴む浮気調査|赤坂アーガス 素行調査の相談、尾行調査・行動調査の費用 信用と実績の身元調査・身辺調査の興信所 浮気調査を確実におさえる興信所

バナー広告の掲載について(2,000円/月)
※メールにてお問い合わせください
ashita@ashita.or.jp
--お問い合せ先--
公益財団法人あしたの日本を創る協会
〒113-0033 東京都文京区本郷2-4-7 大成堂ビル4F
電話 03-6240-0778 ファックス 03-6240-0779 e-mail ashita@ashita.or.jp