HOME雑誌・情報誌まち むら>「まち むら」155号

「まち むら」155号(2021年9月発行)
自治会・町内会等の地域活動を活発にするために、全国の優れた活動事例の紹介や地域づくりの今日的な課題などを掲載しています。
【年4回発行 B5判56ページ 1部250円、送料210円 年間購読料1840円(送料込)】
購読をご希望の方はメールでお申し込みください。
お名前、ご住所、電話番号と号数、部数をお書きの上お送りください。定期購読ご希望の場合はその旨をお書きください。
ashita@ashita.or.jpまで
目 次
まちむら発見
瀬戸内デニムピクニックシート商品企画開発

岡山県岡山市南区 瀬戸内かわいい部
地域住民の外出弱者に対する支援活動 佐賀県佐賀市 久保田まちづくり協議会
地域のチカラ
手づくり提灯で子どもたちに夢と感動を与える

北海道札幌市手稲区 ていね夏あかり実行委員会
ママが笑っていると子どもうれしい!パパ元気!元気な家族がふえる―もっと元気なまちにしたい「キラキラ輝くTodaママフェスタ」 埼玉県戸田市 エンジェルすまいる
若者が関に戻り、住み続けられるまちへ
―小・中・高校生の郷土愛醸成―
岐阜県関市 NPO法人せき・まちづくりNPOぶうめらん
地域と共に「こども防災キャンプ」 徳島県美馬市 こおざとまちづくり協議会
町内会活動を支える女子会 鹿児島県鹿屋市 鹿屋市川東町女子会
写真 春夏秋冬
繁盛の地名と廃校活用での稼ぐ仕組み作り

兵庫県宍粟市 NPO法人More繁盛
「やってみたい」で始まる親子の居場所づくり 東京都世田谷区 NPO法人野沢3丁目遊び場づくりの会
児童、生徒の健全育成と伝統芸能継承 滋賀県長浜市 冨田人形共遊団
廃校を利活用したミニ水族館の運営 高知県室戸市 むろと廃校水族館
論文(第2回)
「よそ者」のパワー:アニメ聖地巡礼現象に見る新たな地域づくりの可能性
アニメ聖地巡礼とは

北九州市立大学法学部政策科学科准教授 森 裕亮
実践的自治会町内会論(第2回)
コロナ禍でクリエイトした町内行事新スタイル
ゆうびん・ポストイン・オンライン・ドライブスルー(後編)

北海道苫小牧市 拓勇東町内会副会長 佐藤一美
寄稿
地域住民が主体となった市民自治の取り組み「湘南地区まちぢから協議会」(後編)〜くらしの足を地域で支える湘南地区「お出かけワゴン」事業〜

神奈川県 茅ヶ崎市総務部市民自治推進課
ホッとする つながる・ささえあう港地域を拓く(前編)―住民主体の講座から“志縁団体”3年目のプロセス―
静岡県焼津市 焼津福祉文化共創研究会
読者の交流ひろば
自治会運営の意見交換会
〜自治会町内会が直面する課題について〜
・表紙/編集後記