HOME>市民憲章



 現在、全国で782市あるなかで、市民憲章を制定している市はおよそ7割あると言われています。そして、市町村合併が進んだ中で、市民が参加してのワークショップなどを開き、新たな市民憲章を制定する動きも見られます。

 昭和46年、市民憲章を持つ、市等によって全国市民憲章運動連絡協議会が結成され、毎年、全国大会を開催し、市民憲章をどのようにまちづくりに活かしていくか協議するとともに、できるだけ多くの市等に市民憲章が定められていくよう努力しています。

 公益財団法人あしたの日本を創る協会では、市民憲章を活かした地域づくりが進められるために、全国大会の模様を「まち むら」で紹介するなどをしています。

 市民憲章を制定されていない市におかれましては、まちづくりの基本となる市民憲章の制定に向けての動きを始められることを期待します。また、すでに市民憲章を制定されている市におかれましては、全国組織へのご参加をお待ちしています。
■平成29年度全国大会は広島県福山市で開催されます■
(平成28年度は石川県七尾市で開催されました)
開催期間: 平成29年12月8日(金)・9日(土)・10日(日)

全国の都市の憲章(作成・提供:三輪真之氏 計画哲学研究所所長、元早稲田大学客員教授、工学博士)
全国市民憲章運動連絡協議会会員名簿 全国市民憲章運動連絡協議会規約
全国大会開催年次と開催都市